手入れする時の注意点

バイエルンエッジで包丁の手入れをするときに注意してほしいこととしては、とにかく丁寧に扱うこと。

 

卓上型シャープナーとなっていて出しっぱなしにしても気にならないので、気軽に使えるところが魅力の一つとなっていますが、その分雑に扱ってしまうときもあるので、気軽に使えても丁寧に扱うということはお手入れをするときには意識しましょう。

 

 

また、バイエルンエッジ自体は特に何かメンテナンスを必要とすることはないので、どれだけ丁寧に扱うかは重要になります。

 

シャープナー部分はとても硬くて丈夫で耐久性の高いタングステン鋼素材を使っているので、包丁の切れ味を抜群に回復させてくれますから、メンテナンス等が必要ないのですが、使い方が悪いとダメにしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

 

バイエルンエッジは安定性が高くて、研磨する時に余計な力を入れて研ぐ必要もありません。

 

力を抜いてスッーっと4〜5回通せば劇的に切れ味が戻りますし、刃に直接触れずに研げる安全性もあります。

 

 

使い方に関しては特に気を付けることはないですが、セラミック製の包丁には使えないなど注意点はちゃんとありますので、バイエルンエッジに付属されている説明書をしっかりと読んでから使う用にしましょうね。

調節をすることで様々なタイプの包丁に対応!

バイエルンエッジは見た目が一般的なシャープナーと違ってインパクトがあります。研ぐたびにバイエルンエッジのスプリングシャープナーが動き、スパッと包丁の切れ味を復活させてくれますね。

 

この特徴的なスプリングシャープナー部分ですが、実はアームの部分を調節することが可能で、調節することによって様々なタイプの包丁にも対応することが出来るのですよ!

 

 

一般的に、シャープナーは多くの家庭で使われている三徳包丁しか研ぐことができないのですが、バイエルンエッジはアームの部分を調節することで様々なタイプの包丁に対応してくれるので、パン切り包丁や刺身包丁、菜切り包丁なども研ぐことが出来ます。

 

 

バイエルンエッジはシャープナーとしては価格が高くなっていますが、このように一般的なシャープナーでは出来ない性能を持っているから、価格が高くなっているのですね。

 

もっと言えば、一般的なシャープナーは両刃の包丁しか研げませんが、バイエルンエッジはその特殊なスプリングシャープナーのおかげで両刃や片刃の種類も選びません。

 

 

これはバイエルンエッジならではの特徴でもありますから、料理好きで複数のタイプの包丁を所有している方はぜひ活用してほしいですね。