効果を高めるために必要なこと

バイエルンエッジで包丁の切れ味効果を高めるために必要なこととしては、刃の状態に合わせて研ぎ方を変えることを意識することが大事になります。

 

 

バイエルンエッジには『粗研ぎ』『細研ぎ』『仕上げ研磨』という3通りの研ぎ方があります。

 

『粗研ぎ』は摩耗の多い刃を研ぐときにおすすめで、刃先を下に向けて引き抜いて研ぎます。長い間包丁のメンテナンスをしていなくて、切れ味が悪くなっている時はまずこの『粗研ぎ』で切れる包丁へと変えていきましょう。

 

 

『細研ぎ』は毎日のメンテナンスにおすすめで、刃先を上に向けて引き抜いて研ぎます。基本的に刃の状態がよく、毎日の料理をする前にササっと研ぎたい時に使っていくと効果的ですよ。

 

 

『仕上げ研磨』は磨いて滑らかに整える時におすすめで、刃を水平にして前後に動かして研ぎます。複数の包丁を持っていて、毎日使うわけではなく、しばらく使用する予定がない包丁に使用するといいですね。

 

 

以上のように、バイエルンエッジは刃の状態に合わせて研ぎ方を変えることで、切れ味を良くしたり、刃の状態を良い状態に保つ効果が期待できます。

 

 

刃の状態に合わせた使い方をして、包丁の切れ味を保つというのは他のシャープナーではあまりないやり方ですから、ぜひ上手に活用してみてください。

バイエルンエッジは料理好きにおすすめな理由

バイエルンエッジは卓上型シャープナーで気軽に包丁を研ぐことが出来るので、たくさんの方におすすめできるのですが、中でも料理好きにはかなりおすすめ度が高いシャープナーとなっています。

 

このように言えるのは、バイエルンエッジが様々なタイプの包丁に対応しているから。

 

 

一般的にどの家庭でも包丁はスタンダードな三徳包丁を使っていると思いますが、料理が好きだったり趣味だったりすると、いろんなタイプの包丁を使う用になります。

 

例えば、パンを切る時に活躍してくれる波型のパン切り包丁だったり、魚のような生ものを切る時に活躍してくれる刺身包丁など、食材や用途によって包丁を変えることがありますよね。

 

そういった時に、どんなタイプの包丁でもこれ一台で研ぐことができるのがバイエルンエッジの大きな魅力となっています。

 

さらに細かいことを言えば、包丁は基本的に両刃と言って外側から内側に向かって鋭くなっているのですが、刺身包丁などは片刃になっていることも多いです。

 

片刃の包丁を研ぐ場合、専用のシャープナーが必要になるのですが、バイエルンエッジはその特殊な構造によって、両刃でも片刃でも関係なく研ぐことが可能。

 

包丁を選ばないというのが大きな強みになっているのですね。

 

バイエルンエッジは誰でも使える卓上型シャープナーですが、クオリティがかなり高いので料理好きの方の方がその恩恵を受けるシャープナーとなっていますよ。

 

お料理好きの方はぜひ使ってみて欲しいですね。

 

>>バイエルンエッジを実際に使ってみた方のレビュー一覧はコチラ!

バイエルンエッジ正規販売ページ:ダイレクトテレショップ公式通販サイト